蔑された小さな命

Abandoned from City

萩原和奈可 個展

2021/9/16~9/26

蔑(なみ)する

ないものと考えて無視する。
ないがしろにする。

参照:広辞苑


人間にとって
不快だと見做されたものたちが、
徹底的に排除された無機質で清潔な環境。

都市生活の裏側では、
ゴミとしてひとまとめに蔑された
害虫や雑草、劣化、腐敗、死が
存在しています。

都会から遠ざけられた
はかない小さな命の循環を、
都会に届くアートへ翻訳します。


萩原 和奈可

一般に忌避されがちな生物や状況から
一般に認められる美しさを見出す
「嫌われものを描く日本画家」です。

日本の伝統的な画材と金属箔を用いて、
濃淡を強調した絵画作品を制作しています。

死や腐敗などに焦点を当てることと相まって
「厳か」「神秘的な」とも評価されます。

金属の酸化による光沢、
貝殻の粉による目を引く白さ、
水墨画のような陰影が見所です。

活動

展示名会場場所
2020害蟲展ego Art & Entertainment Gallery東京
2019Small Works 2019ガレリア・グラフィカbis東京
2018彩脈ガレリア・グラフィカbis東京
2017嫌われしものの美ROADSIDERS'weekly 7月26日Vol.269配信
2017ヴァニラ画廊大賞展ヴァニラ画廊東京
2015 蟲展4 The Artcomplex Center of Tokyo 東京
2014 全国美術大学奨学日本画展 石正美術館 島根

gallery hydrangea

郵便番号〒131-0032
住所東京都墨田区東向島1-3-5
入場料 無料
営業時間 13:00~18:30 (最終日~17:00)
定休日 火曜日、水曜日

© Hagiwara Wanaka. All rights reserved.